News

【PR】サムライトがグリーベンチャーズから1億円の資金調達を実施


ネイティブ広告ネットワーク事業「somewrite ad」を運営するサムライト株式会社は、グリーベンチャーズから1億円の資金調達を行いました。

リリース:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000011519.html

今回の資金調達により、「somewrite ad」の事業拡大をより一層推進すべく、メディアネットワークの拡充や人材採用などを強化していきます。

サムライト

somewrite adについて

ネイティブ広告ネットワーク「somewrite ad」は、オウンドメディアを中心としたコンテンツを、提携メディアの関連記事等に、デザインを合わせた自然な形で配信するサービスです。

somewritead

独自開発の広告配信エンジンにより、リアルタイムにユーザーの興味・関心を学習する仕組みを持っています。

配信形式としてはインフィード広告とレコメンドウィジェット型の広告の二種類があり、それぞれPC及びスマホに対して掲載することが可能です。

また、特徴としては広告主となるオウンドメディアのコンテンツ制作・運用をサムライト社自身で行っていること。

現在約30社にのぼるオウンドメディアに対して、立ち上げから支援(サイト構築、コンテンツ企画、ライティング、編集、CMSへの入稿まで全て代行)しています。

加えて、サムライト社で運営するオウンドメディアのキュレーションサイト「somewrite.jp」を通じて、コンテンツ保有者との接点を幅広く構築していることが挙げられます。

somewrite  サムライト

ネイティブ広告ネットワークのキモは、コンテンツ自体が広告であることです。
拡散したいコンテンツが無ければ、いくらメディア側とのリレーションがあっても成り立ちません。

つまり「somewrite ad」は、広告(コンテンツ)数が非常に多いネイティブ広告ネットワークだと言えます。

今後の展開について

以前のエントリー「7月以降で一気に10社超の新規参入!加熱するネイティブ広告ネットワーク18サービスまとめ」でも触れた通り、ネイティブ広告ネットワーク市場に参入する企業が非常に増えています。

そんな中、サムライトでは今回の資金調達を機に、より一層スピーディーに事業を拡大させるべく取り組んでいきます。

現在、somewrite adの提携メディアを絶賛募集中ですので、ご興味のある媒体担当者の方はぜひお問い合わせをお願いします!

「webマーケティングの新しいカタチを創る」をミッションに、オウンドメディアの運営、記事コンテンツの制作・編集、ネイティブ広告ネットワークの提供を行っています。