News

アプリレビューサイトapplivを手がけるヴォラーレ、ユナイテッドとの資本業務連携によりネイティブ広告事業を拡大


2014年12月15日、メディア運営、アドネットワーク事業などを展開するユナイテッド株式会社と、アプリレビューサイト「appliv」の運営や、SEO設計事業などを展開するヴォラーレ株式会社が資本提携とともに、ネイティブ広告を中心とした広告配信において業務提携を行う事が明らかになりました。

資本提携においては、ユナイテッド株式会社がヴォラーレ株式会社への出資を行い、業務提携においてはヴォラーレ株式会社の保有する「appliv adnetwork」とユナイテッド株式会社の保有するSSP「Adstir」の配信面での連携が行われるようです。

アプリレビュー投稿サイトappliv

appliv image
applivトップページより

ヴォラーレ株式会社が運営する、iOSアプリ、Androidアプリのレビューと評価を集める月370万人以上が利用するメディアで、
AppStoreと違い、ユーザーのレビュー履歴なども閲覧できるためより信頼度の高い口コミが集まっています。

サプライサイドプラットフォーム(SSP)Adstir

adstir image
Adstirトップページより

複数のメディアから広告枠を預かり、アドネットワークやDSPからの広告案件を最適化する”SSP”という形で広告配信を行っています。

2社の強力なタッグ体制

リリースによると、2社は以下の3点について業務提携を結ぶようです。

(1)『Appliv AdNetwork』の出稿における『AdStir』の優先利用
 ヴォラーレは、『Appliv AdNetwork』で取り扱うネイティブ広告をはじめとしたアプリ広告配信について、ユナイテッドのSSP『AdStir』を優先的に利用いたします。

(2)『AdStir』における『Appliv AdNetwork』配信用特別広告枠の確保
 ユナイテッドは、『AdStir』で契約する各メディアにおいて『Appliv AdNetwork』配信が最大化されるよう特別広告枠を確保いたします。

(3)『Appliv』が『AdStir』を導入
 ヴォラーレの『Appliv』に『AdStir』からの広告配信枠を設定し、『AdStir』は『Appliv』の広告収益最大化に努めます。

ヴォラーレ株式会社は自社メディアの「Appliv」にAdstirからの広告配信枠を設置するほか、自社で構築しているアドネットワーク「Appliv Adnetwork」での広告案件についてAdstirが持つ広告枠への優先的な配信を行う模様です。

現在appliv内で行われているネイティブ広告配信を外部サイトにも拡大

appliv ad image
(applivスマートフォンサイトトップページより)

この連携により、従来「appliv ad」という名前で行われていたアプリ事業者向けの”レビュー”+”ネイティブ広告配信”のプロモーション施策を外部サイトにおいても行えるようになりました。

appliv adnetwork image
appliv adnetwork概要資料より)

コンテンツ制作+ネイティブ広告としての配信施策のニーズの高まり

appliv adnetworkの特徴としては、広告枠のクリック後直接ダウンロードページにジャンプするのではなく、”レビューページ”を間に挟んでいる点です。

この”ネイティブ広告”の形式を取るメリットとしては、ユーザー目線の信憑性の高いコンテンツを間に挟む事によって、直接ダウンロードページにジャンプする場合よりもアプリと相性の良い高リテンション率のユーザーを獲得できる点が挙げられます。

また、コンテンツを楽しんでいるユーザーに対しコンテンツを広告として見せる事で、コンテンツを求めてタブをクリックしたユーザーの期待を損なわないことから、掲載メディアにとってもユーザー体験を損なわないというメリットがあります。

このような多様なメリットがあるコンテンツを用いた広告配信施策は今後ますます一般的になっていくと考えられます。

コンテンツの制作から配信まで。ネイティブ広告ネットワークのsomewrite ad

picture

「webマーケティングの新しいカタチを創る」をミッションに、オウンドメディアの運営、記事コンテンツの制作・編集、ネイティブ広告ネットワークの提供を行っています。