News

【AD:TECH突撃レポート第3弾】”コンテンツの質を測る事を通して、コンテンツマーケティングに貢献する。” popIn代表取締役が語るビジョンとは。

PopIn tei-san

さまざまなメディアの記事下にレコメンドウィジェットを提供し、さらにコンテンツがどれだけ読まれているかを計測できる独自の指標”READ”を提供するなど、メディアに対して様々なサービスを提供する株式会社popIn。
いくつかのレコメンドウィジェット内には、ユーザーがサイトを閲覧している文脈に合わせて、popInと提携するメディアの中から最適なコンテンツが”ネイティブアド”として出稿されています。

今回はそんなpopIn株式会社の代表取締役である程さんに、今後サービスを展開していく上でのビジョンについてお聞きしました。

PopIn tei-san

(写真:PopIn株式会社代表取締役 程涛さん)

PVの質を測る独自の指標”読了率”

ーまずアドテックに出展した理由をお聞かせください。

弊社はもともとアドテクの会社では無く、ニュースメディアに検索エンジンやレコメンドエンジンを提供している会社でした。

ネイティブ広告が注目を受け始めたことに伴い、レコメンドエンジンとネイティブ広告は相性が良いということで、広告事業をスタートしたという経緯です。

ーブースではサービスのどのような点をご説明していますか?

弊社の基本的なネットワークやサービスについて、広告主様向けにご説明しています。

例えば、メディア様にレコメンドウィジェットをご提供し、そこに広告枠を頂いています。広告枠には主に提携オウンドメディア様から記事コンテンツを出稿していただいています。

弊社サービスの特徴としては、独自の指標”READ”を用いて本当にコンテンツが読まれたかどうかを判定できる点です。

メディア様や広告主様には、インプレッション数やクリック数以外にも、読者のうちどれくらい熟読している層がいるのか、どういうカテゴリをクリックしてコンテンツに飛んで来た読者が多いのか、普段はどのようなコンテンツをクリックしているのかなどをレポートしています。

実際にpopInが提供するレコメンドウィジェット(Engadgetより)

popIn image

ー広告主様の反応はどうでしょうか。

”どういった層に読まれているか”が分析できる点や”コンテンツの価値”を計測できる点を評価していただいています。

どのサイトにおいても、一回ページが表示されるたびに”1pv”が記録されます。数字の面ではどのようなサイトにおいても、またどのような形の接触があっても同じですが、それらの質は全然違います。

この1pvの質を測る事が出来る点で、実際に導入いただいている大手メディア様やオウンドメディア様から好評を得ています。

コンテンツの質を計測する事を通して実現する”レコメンドウィジェットの未来”とは

ー今後コンテンツマーケティングが広まっていく中で、popInではよりコンテンツの質を測る事に特化していくということでしょうか。

そうですね。より広告主の皆様に納得いただけるレポートを提供したいと考えていまして、今後ユーザーに実際どの程度ブランドリフト効果があったのかなどについて、メディア様と連携してアンケートを取る事も考えています。

popInがメディアに対して行ったコンテンツの”読了率”と”PV数”、”離脱率”の関係調査の例(READ Report Vol.1より)

popIn data

ーレコメンドされるコンテンツはどのようなロジック(基準)で配信されているのでしょうか

現状はコンテンツ内容との親和性、ユーザーの熟読度合い、アクセスランキングなど複数のロジックを組み合わせて、レコメンドを行っています。

単独のロジックだけでは、ユーザーにとって満足度が高い記事を表示するのには不十分だと考えていますね。

ー最終的な満足度の高いレコメンドウィジェットを追求していくために、今後どのようなアップデートを予定していますか?

詳細はまだお話しできないのですが、直近の仕様変更に加え、今後もアップデートを予定しています。

最終的には、ユーザーがどのメディアにアクセスしても自分の好みの記事をすぐに見つけられるレコメンドウィジェットを提供することが目標ですね。

ー最後にネイティブアド業界の今後について見解をお聞かせ願いますでしょうか。

広がって欲しいですね!(笑)

広告業界全体として、”嫌われる広告”から”ユーザーにとって役立つ広告”への進化の大きな流れの中にあると思いますので、少なくともネイティブ広告はいずれ”来る”と思います。

アメリカではすでにネイティブアド市場は成熟しているようですので、日本国内でも比較的早い段階で市場が形成されていくのではないかなと考えています。

ー本日はありがとうございました!

ネイティブ広告ネットワークのsomewrite ad

picture

「webマーケティングの新しいカタチを創る」をミッションに、オウンドメディアの運営、記事コンテンツの制作・編集、ネイティブ広告ネットワークの提供を行っています。